自己破産したら借金の返済に追われる毎日から解放されました

 

何年か前に一度だけだと思い借金をしたのですが、生活苦から返済が厳しくなってしまったことがあります。
借金の返済のために、違うところから借金を重ね、気が付いた時にはもう自力ではどうしようもない状態まで追い込まれてしまいました。
このままでは借金返済から抜け出せそうもないです。
そんな困り果てていたときに助かったのが弁護士さんです。
近くの弁護士事務所でご相談したら債務整理を行えば借金問題の解決ができると言うのです。
債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などの手続きがありますが、もうあなたの借金状況を見る限り支払い能力が無いと判断されますので自己破産された方が良いとの事でした。
自己破産と言うと何もかも失ってしまうイメージがあったので抵抗がありました。
しかし弁護士さんから全ての借金が0円になるので生活の再建が行いやすい、換価できる財産は失うが生活に必要最小限の財産は残せるなどの説明を受け、思い切って自己破産することにしました。

参考にしたサイトは自己破産についてかなり詳しいこちらのサイトです。
自己破産のサイトへ

官報に住所氏名が記載されたり、ブラックリストに載ってしまったりデメリットはありましたが、借金の返済に追われる毎日から解放されたので弁護士さんにご相談して良かったです。

自己破産するということについて

 

給料が安く消費者金融でお金を借り入れたけれど返済するのが不可能になってしまうと困ります。

でも無理をしてでも返済しなければと思いつめてしまうのは良くありません。

一生懸命働いているけれどどうしても借りたお金を返済できなくなったというときには自己破産するという選択肢があります。

自己破産のことをよく理解していないという人も多いと思います。

ドラマなどによるイメージで自己破産すると家財道具などお金に変えられるものは全部持っていかれて一文無しになってしまうのではないかと思うかもしれませんが実際のところは違います。

自己破産手続きをすると残っている借金を返済する必要がないので働いて得た収入を生活のために使うことができます。

自己破産するためには法律の専門家である弁護士に依頼する必要があります。

費用は30万円ほどかかります。

数百万円の借金を抱えていて自己破産した場合は借金を返済する必要が消えるので弁護士費用のほうが軽いと思います。


知らない間に多重債務に陥る

 

自己破産に陥る人の場合、負の連鎖が連なるといいます。
負の連鎖…それは「多重債務」のことです。
最初は1件のクレジット会社(10.000円)だったものが、知らない間に2件/3件とクレジット会社が膨れ上がり、結果的に利息だけでも数万円…。
そして気付いた時、持っているすべてのカードキャッシングもできなくなるだけでなく、給料の大半がクレジットの支払いに使われることになります。
これが、多重債務の恐ろしさなのです。
日本は欲しいモノがあれば、すべてカードで買うことができます。
しかしそれを続けることは、自分自身を破滅の道へ導くことを忘れてはいけないのです。

ここを見れば分かるとおり、自己破産=人生の終りではなく、むしろリスタート点なのです。

老後の生活設計

 

男女ともに平均年齢が80歳を越えた日本はこれからさらなる高齢化社会を迎えます。
60歳で定年を迎えたとしてそれからまだ20年以上の人生を生きていくわけです。
定年を迎えたら趣味でも見つけて悠々自適に暮らしていきたいと考える方も多いと思います。
しかし、それが理想通りにはいかない場合も増えているのです。
高齢化社会の裏返しである少子化社会は年金制度に不安の影を落とします。
定年後の20年を年金だけで暮らしていくことは難しいでしょう。
現在言われているのが高齢者の生活破綻です。
リストラや資産の目減り、生活費の増大などで生活が立ちいかなくなる老人世帯がこれからどんどん増えて行くのではないかということです。
長生きすることが逆に生きることを困難にしていくなんていう世の中は悲しいですよね。


家のローンと借金

 

現在は債務整理の方法として主に四種類の方法があります。
「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」
このうち個人再生は家のローンなどが残っていて、それ以外の借金を減らしたいという方に向いています。
自己破産を適用した場合は20万円を越える資産は没収されてしまいます。
当然家のローンなどがあってもそれは手放して精算しなくてはなりません。
個人再生の場合は住宅ローン以外の借金を五分の一から十分の一にまで減らすことができて、尚且つ家を手放さなくて済むという利点があります。
任意整理についてはコチラのサイトが詳しいです。

不動産資産を売却するなら、数社の査定結果を必ず得ましょう

 

賃貸料が稼げるビル、マンションといった不動産物件は大変な資産です。
その一方で満足に稼働していない空き家や古いアパートであれば、返って利益よりも維持コストの方が掛かります。
また何の利用を行っていない建物や土地にも維持費は必ず掛かっているので、将来にわたって、使い道が見つけられないなら、売却手続きを進めるべきです。
不動産の買取りサービスに連絡すれば、迅速なスケジュールで、物件の査定を行ってくれます。
所有者の都合を第一に優先してくれるため、空き時間を具体的に伝えおけば、ほとんど希望通りの日程が得られるでしょう。
最初の業者で満足行く査定が得られなければ、別の会社に再び連絡を入れて、見積りを進めてもらうのが大事です。
経過年数、住宅の痛み、保存状態などによって査定結果は変わりますが、それ以上に見積りに携わるスタッフによって、大きく左右されます。
家族全員が満足行く売却額を得たいなら、いささか面倒ですが、必ず数社に相談しましょう。